婚約指輪はもらったらずっとはめていなくてはいけないの?

婚約指輪はずっとつけておくべきなのか

婚約指輪をずっとつけっぱなしにしている人は少なくありません。せっかくの婚約指輪を外してしまうのはもったいないといった理由でとらないパターンが多いと思います。しかし、婚約指輪をずっとはめておくのは傷や汚れがつくことから良くないとされています。特に凹凸の多いものだと凹のところに汚れが溜まってしまいます。主な汚れは水垢や石鹸からできるヘドロなどです。指輪をずっとつけて綺麗にすることを放っておくと汚れが取りにくくなってしまいます。どのような指輪でも傷や汚れがついてしまうと、買ったときにはあった綺麗な輝きがなくなってしまいます。このようなことから婚約指輪をずっとはめておくのは良くないといわれているのです。

婚約指輪はいつ外せば良いのか

ではどのタイミングで外せば良いのでしょうか。実は婚約指輪を外す時期というのははっきり決まってはいません。ですが入籍をしたときに婚約指輪を取って結婚指輪と交換するのが一般的です。指輪を外した後は大事に保管しておいて特別な日や記念日などにつける人が多いです。結婚指輪はシンプルなデザインですが、婚約指輪は見た目が華やかです。そのため結婚指輪をつけるようになっても定期的に身につけることもあるそうです。ちなみに婚約指輪を長く使うために結婚指輪と一緒にセットリングとしてつけるパターンもあります。同時に2つの指輪の輝きを楽しむことができます。しかし、凹凸の多い婚約指輪は汚れが溜まりやすいのでセットリングをする際はこまめに綺麗にすることを心がけましょう。

婚約指輪を銀座で選ぶなら、たくさんの高級ブランドや海外のブランドのお店があるので二人にぴったりの婚約指輪が見つかります。