婚約指輪と結婚指輪どう違うの?

婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

プロポーズの言葉も大切ですが、欠かせないのが、婚約指輪です。
でも婚約指輪と結婚指輪の違いは?
そもそも、「婚約指輪と結婚指輪って別々に用意しなければいけないの?」という方も中にはいるかもしれません。
婚約指輪の意味と結婚指輪の意味に触れながらチェックしていきましょう。

結婚時に用意すべき指輪は婚約指輪と結婚指輪です。
婚約指輪は、男性から女性に贈られる指輪のことです。婚約の証としてダイヤモンドが贈られることが多いのですが、必ずダイヤモンドにしなければならないわけではありません。

結婚指輪は、結婚式でお互い交し合う指輪のことです。夫婦となり、日常的に薬指にはめて生活することが多いので、飾りは控えめでシンプルなものが一般的で、シルバーやプラチナといった劣化しない素材が多いです。

婚約指輪も結婚指輪も両方買うべき?

婚約指輪は結婚指輪よりも相場が高いです。
以前は両方買う人も多かったようですが、現在は婚約指輪と結婚指輪の兼用する人も多いです。
その理由として、予算の関係や仕事の関係が含まれるようです。

兼用にするメリットもありますが、デメリットもあります。
メリットとして、費用を抑えられることができ、さらに婚約指輪は付ける機会が少ないので、日常的に併用ができます。
デメリットとして、「婚約指輪がない」という物足りなさを感じたり、弔辞では光る石がNGなので外さなければいけません。

婚約指輪も結婚指輪も二人にとっては大切なものです。時が経つにつれて、婚約指輪が欲しかった、送りたかったと思う人もいるようなので、その後に影響がないよう大切に選び、しっかりと二人で話し合って後悔のない指輪選びができるといいですね。

よく混同されがちですが、結婚式で交換するのが結婚指輪で、プロポーズの際に渡すのは婚約指輪です。左手の薬指にはめるのが一般的です。